ウーマナイザーの使い方をわかりやすく説明 ※womanizer

ウーマナイザーの使い方をわかりやすく説明

 

 

クリオナニー派から今、絶大な人気を集めているのがドイツからやってきたクリ専用のアダルトグッズ、ウーマナイザー(womanizer)です。

 

クリに密着するホール全体が繊細な震動を包み込むように与えると同時に、クリを吸い上げる機能があるのでまるでクンニされている感覚が新しいと評判のウーマナイザー、まだ使ったことがないけれど興味のある人(もちろんこれから興味を持つ人も)のために、使い方をご紹介しましょう。

 

ウーマナイザーの全長は16cm、横幅4.7cmとやや大きめで、全体のフォルムは小鼻回り用のハンディ美顔器に似ています。ボディ先端には火山のように盛り上がった内径1.4cmのホールがあり、ここにクリトリスを入れます。本体グリップを持って先端を下に向け、クリトリスにスポッとはめるような形ですね。

 

グリップ部分にはボタンが2つあり、上が電源のON/OFF、下のクリスタル調ボタンが吸引と震動の切り替えスイッチになっており、ボタンを押すと強くなるロータリー式調整の設定になっています。つまり一度、上のボタンを押せばオナニー中は下のボタンを押すだけで自分の気持ちいい吸引や震動が選べるので、オナニー気分を操作で阻害することはありません。

 

あとは本体を動かし、クリのもっとも感じるところを自分で探りながら吸引と震動の強弱を調整してください。クリの皮を剥いて、ホールへピッタリと密着させるのが絶頂に向かうコツです。うまくピンスポットが見つかれば上手にクンニされる以上の快感が訪れ、絶頂まで導いてくれるはずです。

 

電源はUSB接続で、フル充電までの所要時間はおよそ4時間、フル充電すれば約90分連続可動するのでオナニーには十分すぎるほど活躍してくれます。充電機能のいいところは本体とバッテリー部分をつなぐコードがないことですね。

 

コードが身体にまとわりつくとオナニー気分が萎えるという人も多いのですが、その心配が要らないこともウーマナイザーの魅力のひとつです。

 

クリトリスを入れるホールにはシリコン製のキャップがついており、取り外し自由になっています。クリトリスは敏感な部分と同時に衛生面でも気をつけたいところ。洗浄ができるキャップであれば、いつでも清潔さを保つことができて安心して使えます。

 

ウーマナイザーは明るいところでは目立ちませんが、本体の先端部と底部にLEDが装着されており、暗いところでスイッチを入れるとムードランプのように光ります。ちょっと妖しい光がオナニー気分を盛り上げてくれます。